求人に応募するタイミング

求人に応募して、就職や転職を行いたい場合は、そのタイミングも考える必要があります。なぜなら、求人があっても、採用の間口の広がりはまちまちであり、たくさん採用してくれるタイミングと、それほど採用してくれないタイミングがあります。やはり、自分が気に入った求人に一発で通り、職務につきたいものですよね。しかし、人気の求人ほど競争率も高いので、何も考えずに応募すると、落とされてしまう可能性があります。

さて、気に入った求人の選考に通る確率を少しでも上げるには、応募するタイミングを考えると良いでしょう。もちろん、採用の間口が広がっているときがベストです。採用の間口を広げるタイミングは、企業や業種によってまちまちですが、人員を多く募集したいタイミングとも言い換えられるので、それに合わせた思考をすると良いでしょう。

また、採用のニーズに合わせた応募の仕方も大切です。たとえば、プロジェクトをすでにはじめている段階で、一から新人を取って教育するのは効率が悪いです。しかし、人員が不足しているので、求人を出している……こういったときに求められている人員は、その企業の業種に精通している、即戦力の人です。いちいち教育させる手間を省き、スムーズに人員が補充できるからです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 元求人サイト担当者が語る・求人のアレコレ All Rights Reserved.