退職

求人を探すということは、以前勤めていた会社を退職する場合があると思います。会社を退職するには、もちろん、会社における退職手続きを終えて、なしえます。もし、退職後の自分の抜けた穴が気になる場合は、それなりの配慮をしておくことをおすすめします。たとえば、退職する1ヶ月前に、退職する旨を上司に伝えておくことなどです。もちろん、特に途中で退職できない契約をしているわけでもなければ、即日辞めても構いません(契約をしていた場合は、違約費を払わなければならないことがあります)。特に、アルバイトの場合は、いくらでも補充がきくので、そこまで配慮する必要はないでしょう。しかし、急に人員が減れば、企業側は間違いなく困るので、企業側に配慮がしたい場合は、あらかじめ退職を申し出ておきましょう。自分が抜けた穴の配慮をしておくと、あとくされがなく退職できます。

特に、有給休暇が残っている場合は、使い切って退職したいものです。けちなものと思われるかもしれませんが、最初から与えられたれっきとした権利です。給料をもらいつつ休めるのなら、それに越したことはありません。その休みで、転職の準備も行えるので、有給休暇が残っていないか確認してから、退職しましょう。
 

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 元求人サイト担当者が語る・求人のアレコレ All Rights Reserved.