求人のニーズ

近年は、日本の慣習である終身雇用が崩壊しつつあります。新卒で入社し、定年まで働き続ける人の数は激減し、転職も珍しいことではなくなりました。日本は以前まで終身雇用が根付いていましたから、転職や退職は非常に悪いイメージのように思いますが、その見方もこれから変わってくることでしょう。転職者や退職者が増えることは、必ずしも悪い傾向ではなく、視野を広げるといった意味で、重要なことだと思います。そして、実際に、転職や退職を経験する社会人が非常に増えてきています。

それは、不況などのもろもろの影響で、将来が保証された企業がほとんどなくなったことが原因だろうと思います。急に会社が倒産したり、業績が落ち込んだり、リストラされることも珍しくありません。また、単純に国民の精神が、終身雇用にそぐわないものへと変化しているのでしょう。現代は自分本位の時代ですから、より自分にとってメリットのある職場を求めているのです(そもそも働きたくないという人も増えてきています)。

そうなると、求人のニーズがとても高まることになります。転職するには、求人が必要ですから、エージェントや求人数も増えてきています。それは、幅広い選択肢が生まれるという意味で、便利なのかもしれません。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 元求人サイト担当者が語る・求人のアレコレ All Rights Reserved.