面接

求人に応募すれば、基本的に次は面接(もしくは試験)を受けることになります。面接は、面接官と向き合い、話をすることで、自分がどういった人間であるか、企業側の求める人材であるかを見極められます。それほど長い間、話をするわけではなく、10分程度で終わるのが一般的です。そんなふうにちょっとした対話だけで1人の人間を見極められるものか……といえば、もちろんその通りですが、相手もプロですから、基本的な社会人としてのマナーが身についているかどうかをはじめ(口のききかた、身だしなみ、挨拶など)、性格や人間性をある程度見極められます。

といっても、上っ面のイメージという枠は飛び越えないので、面接で真の自分の姿を見せるというのはあまり得策ではありません。面接では、できるだけ、相手の企業にとってメリットのある姿を見せるのが、一番良い方法です。たとえば、社会人としての身だしなみを保ちつつ、外見をよく見せるのも1つの手段です(明る過ぎる髪や、カジュアルな服装などはもちろんダメです)。外見をよく見せれば、イメージもよくなりますから(たとえば、実際に多くの企業の面接官は、女性の採用者を容姿で選んでいるという事実がある)、面接で有利になるのです。

    管理人のお薦めWEBインフォメーション

  • CAD 求人をお探しの方にお得な長期雇用で6ヶ月毎にボーナスが貰える制度や、最新バージョンのソフトウェアを利用した研修制度でプロとしての成長を支援してくれて、充実した福利厚生で勤務成績優秀者に宿泊プレゼントや出産、子育てにも安心でサポートが手厚い派遣会社があります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 元求人サイト担当者が語る・求人のアレコレ All Rights Reserved.